ジャイロ・アーキテクツが設計とインテリアデザインを手がけたホテル「雨庵 金沢」がJCDアワード2018 BEST100、OMOTENAHI Selection2018を受賞

ジャイロ・アーキテクツが設計とインテリアデザインを手がけたホテル「雨庵 金沢」がJCDアワード2018 BEST100、OMOTENAHI Selection2018を受賞

ニュース

ジャイロ・アーキテクツが設計とインテリアデザインを手がけた「雨庵 金沢」が「JCDアワード2018BEST100」(2018年X月 )、「OMOTENAHI Selection2018」地域ブランド賞(特別賞)(2018年8月23日)を受賞しました。

「雨庵 金沢」は、宿泊だけではなく伝統工芸体験や、アート作品の鑑賞等が楽しめるラウンジもある、これまでにない新しいホテルです。

「金沢の雨」まで旅の魅力になるホテルを。「弁当を忘れても。傘を忘れてるな」と言われているほど雨の多い街、金沢。美術館も多く、文化成熟度が高い街。町家やお茶屋遊びなど、古い文化や街並みが未だ色濃く残る街。そんな金沢ならではの特徴を活かし、雨庵は三つのコンセプトによって作られています。

<コンセプト>
1.観光にとってデメリットである雨を、金沢の魅力にすること
2.お茶屋遊びに代表される閉じられた宿泊者だけの豊かな空間を作ること
3.金沢の土地と観光客の文化的なハブとなること

ジャイロ・アーキテクツでは、上記のコンセプトのもとにホテルの全体設計及び、客室の空間デザイン及び家具などのインテリアデザインを手がけました。

ラウンジ
共用スペース
客室


ホテルでは、ここでしか鑑賞ができない著名作家のアート展示や室町時代より500年の伝統を誇る志野流香道若宗匠が監修した特別なお香など、雨が多い街であるからこそ、ホテルでの体験価値を充実させた共用部とサービスによるおもてなしをいたします。

雨の日の風情も味わい尽くしてもらいたい。そんな想いと雨の日を楽しんでいただくためのアイデアが楽しめる、金沢ならではのしつらえが楽しめるホテルです。

雨庵:https://www.uan-kanazawa.com/

プロジェクトページ:UAN KANAZAWA

■プロジェクト概要
施設名:雨庵 金沢
開業日:2017年12月1日
所在地:〒920-0918 石川県金沢市尾山町6-30
建物:地上7階地下XX階
構造:鉄骨造(S造)
規模:ホテル床面積 約2794.89㎡
客室数:47室
事業主:ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社
運営:ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社
設計:ジャイロ・アーキテクツ
インテリアデザイン:ジャイロ・アーキテクツ

■受賞について
「JCDデザインアワード」
JCDデザインアワードは、商環境を中心とする空間デザインの顕彰を目的として、1974年に公募形式ではじめられました。毎年の開催により、その時代の空間デザインの価値と可能性を抽出してきました。デザインの質と発見をより開かれたものとするために、2003年から公募対象をアジア地域に拡げています。
審査は現在公開されており、多様な視点によって応募作を検証するために、継続して依頼する審査員以外に多くの特別審査員を招聘してきました。
URL:http://jcd.or.jp/

OMOTENAHI Selection
OMOTENASHI Selection(おもてなしセレクション)とは、受け手のことを思いやる心から生まれたこだわりの技、伝統を継承しながらも現代に向けて改良を重ねる創意工夫の活動など、日本の魅力である“おもてなし”心あふれる商品・サービスを発掘・認定し、国内外に発信するプログラムです。貿易・流通・メディア等(百貨店バイヤー、ディストリビューター、雑誌の編集者等)の日本人の有識者と世界8地域の外国人選定員によりグローバルな視点で選ばれた優れた商品・サービスを認定し、日本国内をはじめ世界各国へ向けた広報・販路支援を通して、新しい消費の拡大、日本企業全体の世界的な販売力向上につながることを目指します。
URL:https://omotenashinippon.jp/selection/

NEXT POST ジャイロ・アーキテクツが企画監修を務めた銀座・商業施設「LA・LA・GRANDE GINZA」が2018年度グッドデザイン賞を受賞