カンボジア王国での新プロジェクトがスタートしました。日本企業初の大規模複合施設「JCTプノンペン」

カンボジア王国での新プロジェクトがスタートしました。日本企業初の大規模複合施設「JCTプノンペン」

ニュース

ジャイロ・アーキテクツは、カンボジア王国首都プノンペンのトゥールトンポンエリアに2021年6月グランドオープン予定の複合施設「JTCプノンペン」の基本設計・実施設計・デザイン監修を担当することが決定いたしました。

「JTCプノンペン」は、株式会社ウラタが出資する現地法人WTCPP MANAGEMENT CO.,LTDが施主となり、カンボジア王国における「新たな国際ビジネスの連携拠点の創出」と「日系企業とカンボジア企業の共同事業による日本建築技術の継承」を目的としてスタートした日本企業初の日本企業初の大規模複合施設開発プロジェクトです。

建物の主要機能としては、ホテル、オフィス、店舗の構成となり、建物の構造はRC造、及び鉄骨造とし、地上23階建、地下4階総延べ床面積は約43,721.13m2。

ジャイロ・アーキテクツは設計統括として、計画当初から企画に関わり、プログラム、設計、カンボジア王国ではほとんど実績のない鉄骨造の採用といった構法も含め、提案を行うなど設計という業務の垣根を越えて参画しています。
両国の歴史・伝統・文化が表現でき、立地特性を最大限にいかしたデザインにするとともに、利用する皆様の安心と安全が実現できる建築を目指します。

【プロジェクト詳細】
計画地   :No.280,Street 430,Phum 4,Sangkat Toul Tompong 2,
       Khan Chamkamon, Phnom Penh, Kingdom of Cambodia
主要用途  :ホテル、オフィス、店舗、駐車場等
敷地面積  :約3,374m2
延床面積  :約43,724.13m2
階数    :地上23階、地下4階
用途    :地下4階 駐車場
       地上1階~4階 店舗、文化交流施設、事務所
       地上5階~11階 オフィス
       地上13階~22階 ホテル
       最上階 ルーフトップバー
最高高さ  :約106m
施主    :WTCPP MANAGEMENT CO.,LTD.
施工    :URATA S.E (CAMBODIA) Co.,Ltd (株式会社ウラタ カンボジア出資会社)
設計    :<基本設計・実施設計・デザイン監修>
       株式会社ジャイロ・アーキテクツ
       <マスターデザインアーキテクト>
       株式会社浦田孝典デザイン事務所
       <構造デザイン・構造設計>
       株式会社安藤耕作構造計画事務所
       <トータル環境デザイン>
       株式会社パーク・コーポレーション

PREVIOUS POST ジャイロ・アーキテクツが企画監修を務めた銀座・商業施設「LA・LA・GRANDE GINZA」が2018年度グッドデザイン賞を受賞